神戸市北区・鈴蘭台駅すぐの眼科【こづち眼科】眼科一般・コンタクトレンズ処方・オルソケラトロジー・子供の近視抑制・小児眼科・眼底検査・ドライアイ等、女性医師が対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

ボトックス治療(眼痙攣等)

オルソケラトロジー

眼瞼痙攣、片側顔面痙攣に対し、ボツリヌス療法(ボトックス注射)で治療いたします。

昨今、眼瞼痙攣に対して主流となっている治療法です。痙攣している筋肉にA型ボツリヌス毒素製剤(ボトックス)を注射し、痙攣の原因になっている神経の働きを抑制し、筋肉の緊張を和らげ、症状を軽くすることができます。

1回の注射で3ヶ月間〜4ヶ月間(個人差もあります)、効果が持続します。
効果が無くなるたびに再投与する必要があります。副作用として、稀にまぶたが閉じにくくなるなどの症状がありますが、殆どが1ヶ月前後で無くなります。

眼瞼痙攣について

まぶた周辺の不快感、これまでより光を眩しく感じる、瞬きが増えるなど、それらが初期症状として現れます。
症状が進行した場合、まぶたの頻繁な痙攣、目をうまく開けられないなど、人や物に衝突してしまうことがあり、日常生活に支障をきたすことがあります。

更に症状が進行すると、自力で瞼を開けることができなくなり、視力には問題が無くても、機能的に目の見えない状態になることがあります。
治療せずに自然によくなるケースは殆どないため、専門医がいる医療機関の受診をおすすめいたします。

片側顔面痙攣

顔面神経と脳血管の接触により、神経が興奮状態となり発症する疾患です。中高年の女性に発症することが多い病気です。自分の意図とは別に、片側の顔面筋が痙攣してしまいます。

初期症状として、上瞼か下瞼の痙攣に始まり、更に進行すると目の周辺や、他の筋肉、口の周りの筋肉も痙攣するようになります。重症化すると、痙攣が持続的に続くようになってしまいます。

クリニック情報

アクセス・地図アクセス・地図

MAP

診療時間診療時間

診療時間
 9:30~12:00
15:30~18:30

休診日木曜、土曜午後、日曜、祝日

〒651-1111
兵庫県神戸市北区鈴蘭台北町1-9-1ベルスト鈴蘭台2階

神戸電鉄「鈴蘭台」駅すぐ

お気軽にお問い合わせください

TEL:078-591-8500
PAGETOP
Copyright © 2019 こづち眼科 All Rights Reserved.